2006/04/02

オニオングラタンスープとおでかけ

_399_402_408
今日はこちらにきて初めて、ホームセンターに行ってきました。タイにもホームセンター、あるんですねー。普通のタイ人には利用できそうにない感じでしたが、どんな人が利用するのでしょう?今日もほとんどが私たちを含めた外人でした。家具の取っ手からじゅうたん、収納家具・・など日本とかわらない品揃え。こちらでは賃貸なのでDIYとはいきませんが、回ってみるだけで夢が膨らんで楽しかったです!日本に帰国したらDIYを計画中なのです♪
ランチにと入ったカフェ。タイらしくない雰囲気で、ほとんどお客さんもいなくて快適でした。ステキなモノクロ写真が飾られていたりして、参考にしよう!と思ってパチリ。
ついでに娘たちもぱちり。タイに来てもこんな服を着せています。でも親の趣味、だんだん娘たちとのズレがでてきて、最近はブーイングの嵐。もうだめですね・・・(涙)どうしてもROXY系に走る娘たちです。
Img_5480
本日、この間仕込んでおいた玉ねぎを使ってオニオングラタンスープ!このスープには主人との思い出が詰まっている「思い出スープ」なのです。学生時代にファミレスで1つを二人でよく分け合いましたっけ。あんまりしばらく作っていなかったので、前回作った記憶すらありません。主人もそうですが、私もとっても好きで、一人暮らしのキッチンで作ったこともありました。長い時間いためるため、おなべひとつ、だめにしたんですよね。これも思い出スープの由来。今ではル・クルーゼさんが大活躍です♪

| | コメント (6)

2006/03/20

いちごのミルクゼリー

img_5139
昨日作ったデザートの”イチゴのミルクゼリー”。残りは今日の私のおやつになりました。イチゴのランチョンマットを合わせて。
日曜日のランチパーティーは持ち寄りだったので、一人2~3品作ることになっていたのですが、金曜日も土曜日もバタバタ忙しくしていたのでメニューをじっくり計画することができず、買い物もほとんどできませんでした・・。それでも苦し紛れに作った二品。
*うなぎのひつまぶし
*ラザニア
いつものメニュー使いまわしです・・。ミートソースは以前作ったものの冷凍を使い、あとは家にあったもので。デザートは作る予定がありませんでしたが、たまたま金曜日のNHK「今日の料理」でやっていたこの’いちごのミルクゼリー’、とっても簡単でした。いちごそのものを使った自然のままのやさしいお味で、今の時期にぴったりのデザートです。こちらでも旬のようで、スーパーでもそこそこのお値段で手に入れることができます。日本のように優れたものではありませんが、デザートにするにはちょうどいい酸味なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/15

ブルーベリーマフィン

img_4997
日曜日、上の娘と出かけている間に主人と下の娘がブルーベリーマフィンを作りました。もちろんまぜればできるというキットを使ってでしたが、なかなかコレが美味しくて、ここ数日間の朝食&おやつになっていました。これは主人が幼い頃アメリカに住んでいたときによく食べていたという懐かしのものなんですって!img_4325
そのアメリカつながりで・・・・
このテーブルクロスは当時住んでいたアメリカで主人のお母様が買った物だそうです。20年以上前と思われます。
数年前にパントリーで眠っていたものを譲ってくださいました。これに6枚のナプキンがついていますが、長年のシミがところどころ浮き上がってきています。それでもこの美しい刺繍にはホレボレ。まさにアンティークなものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/13

ミートボール

img_4452
hannahのバースデーに作った『ミートボール』。実はこれ、私が作りたくて仕方のなかった物でした。「ジャムつきパンとフランシス」に出てくるミートボール、「ロッタちゃん」に出てくるミートボール。どちらもとても美味しそうな上、’母の味’の雰囲気にとても惹かれていました。でも気に入ったレシピを見つけることができず、今まで作ったことがなかったのですが、こうなったら適当に想像の味をたどって作ってみよう!と思い立ち、トライしてみたのです!見た目は・・・まあまあ?お味も・・・まあ、こんな感じ?・・・でしたが、hannahのお気に入りメニューにランクインされたほどですから、合格ラインでしょうか。改善の余地はありますが、少しずつ’母の味’にしていけるといいな♪

img_4527img_4556

このカッティングボード、「habitat」で見つけたもの。3回通って4回目に決断、購入しました。これ、実はオリーブの木でできているんです。ネットで調べてみると、オリーブの木はイタリアでは勝手に伐採してはいけない、登録財産なのだそうです。枯れてしまったときなどにやっと入手できる希少なもの・・・らしいのです。この美しい木目が特徴でとても硬くて目が詰まっているため、なかなか傷がつきにくいところが長持ちする所以のようです。
ここでの出会いを大切に、長持ちするよう末永くお付き合いしたいもののひとつです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/01

ポルチーニ茸のパスタレシピ

img_4192以前の記事でこのパスタのレシピのお問い合わせがいくつかありましたので、レシピ載せてみました。どこかネットで検索して知ったレシピですが、もう二度と検索できなくなってしまったので、あしからず・・・。
乾燥ポルチーニはこちらでも手に入りました。写真のようなパッケージです。
なんでも、この’ポルチーニ’、ヨーロッパのマツタケといわれるほど豊かな香りが魅力なんだそうです。人工栽培ができないんですって!






*ポルチーニ茸のクリームパスタ* 
+材料(2人前)+
パスタ         200g
塩            適宜(パスタを茹でる用)
ポルチーニ(乾燥)  適量(一掴みくらい)
しめじ          1/2パック
えのきたけ       1/2パック
生しいたけ       2~3個
たまねぎ        1/3個
白ワイン         20cc
ブイヨン         80cc~100cc
生クリーム       200cc
バター         20グラム

+作り方+

1、ポルチーニをお湯で戻しておく。約30分から1時間ほど。
やわらかくなったポルチーニは小さく刻み、戻し汁は捨てずにペーパーフィルターなどでこしておく。
2、フライパンにバターをとかし、みじん切りのたまねぎを弱火でじっくりいためる。
3、しめじ、えのきたけ、しいたけ、ポルチーニを加えいためる。
4、白ワインをさっと注ぎ、香りをつける。
5、ブイヨンとポルチーニの戻し汁(50cc~70ccほど)を入れて中火から弱火にしたら、水分が半分くらいになるまで煮詰める。
6、生クリームを注ぎ、軽くまぜてひと煮立ち。茹でたてのパスタをソースとからめてできあがり♪

このレシピ、かなりアレンジしてしまいました。分量は加減を見ながら調整してみてください。先日作った時は我が家の冷蔵庫にしいたけしかなかったのですが、それでも充分いけてました!プラス、ベーコンを入れても美味しいかもしれません。パスタはフェトチーネを使いました。参考にしたレシピはリガトーニを使っていましたが、どんなパスタにも合いそうです。
おためしあれ!! 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/18

ポルチーニ茸のパスタ

先日木曜日、おばあちゃまが日本に帰ってしまいました。とっても楽しい一週間はほんとうにあっという間に過ぎてしまって今はなんとなくみんな気が抜けています。おばあちゃまは・・・日本に一人残してきたおじいちゃまのことが気になって気になって仕方がなかった様子。前回もそうでしたけど、3日がすぎると必ず「帰りを一日早めようかしら」と始まります。今回も3日がすぎたころ・・・・同じことを言い出すので笑ってしまいました!昔から仲の良い両親。そんな二人を見て育ってきた私は幸せかもしれません。私たちも父や母のように年を経ても仲の良い夫婦でいたいものだなぁとまた今回改めて感じました。
今日は朝から一日のんびり過ごしました。昨日の炎天下での運動会の疲れが出て、今日は体が重い日でした。私の体調不良の日は決まって主人のパンケーキブランチ!久しぶりにのんびりした土曜日。たまにはこうして体力を蓄えないと倒れてしまいますので。
img_4027ところがのんびりしすぎて買い物にも行きそびれてしまいました。夕ご飯どうしよう・・・。冷蔵庫を開けて頭をひねって。以前から作ってみたかったポルチーニ茸のパスタ。近くのスーパーで見つけて買っておいた乾燥ポルチーニを使って初挑戦!!味の予想ができず、食べるまでドキドキでしたが、おいしい!!!主人にも好評でした。お客様に出してもさっぱりといただけそうなひとしな。数少ないパスタのレパートリーにプラス一品!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/09

おうちでランチ

風邪をひいて、昨日は寝込んでいました。微熱があり、くしゃみ鼻水・・・。でもなぜか今日はすっきり。早めの対策がよかったのかな。母が寝込むのは自分自身はもちろんですが何より家族にとって大きなダメージです。健康第一!

img_3840
我が家の日曜日のランチはほとんどがおうどんです。年末に日本に帰国した時に大量に乾麺を買って持って帰りました。おうちにあるお野菜をてんぷらにして、すりおろしたしょうがと炒ったゴマをすって。
うどん好きな私たちは、どこのうどんやさんにも負けないと思っている幸せ者(?)です・・・。お客さまのときはこのおうどんを冷凍のものにします。やっぱりコシが違いますから。
img_3863
前日残ってしまった蓮根は、以前作りおきしておいた冷凍の鶏のミンチをはさんで翌日の夕ごはんのおかずになります。こうやって上手に計算できることもありますが、残り野菜の使い道が思いつかなくて無駄にしてしまうことも数知れず。主婦も頭を使わないといけないんですね。今さらながら主婦業を甘くみていた・・と思ってしまう私は無責任でしょうか。トホホ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/20

クグロフの型

img_3497
日本からの来客のために昨日からお料理を用意して日曜日までの3日間を過ごします。レパートリーが少ない私にとってはちょっぴり辛いお仕事。でもこれも経験で・・・・だんだんとおもてなし上手になればいいなぁと希望を持って準備しています。段取り、味付け、お料理の美しさ・・・などなど”おもてなし”には気を配らなければいけないことがたくさん。私よりはるかに先輩方にお出しするのでそれだけ緊張もします。
デザートにいつものキャラメルケーキ。今回はクグロフの型に入れて焼きました。こういう型で作るとナイフを入れてお味見、ができないので心配でしたが、子供たちも喜んで食べてくれたところを見ると・・合格かしら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/08

おもち

img_3106
今日のお昼はおもちの揚げ出し豆腐風。出発の前日に母がついてくれたおもちです。(機械です!)ほっぺが落ちそうなくらい!おいしかった!濃い目に淹れたお茶といっしょにいただきました。

img_2970
こちらではお花がとても安く手に入るのですがいまだ買ったことがありませんでした。いつもお買い物に行くスーパーの目の前に露店でお花屋さんが出ているのです。南国のお花やバラ・・などなどさまざまな種類のお花が並んでいます。
その中から年初めに真っ白なバラを選びました。これ、全部で350円くらいなんです!!!それも10バーツほどまけていただきました。
こんな贅沢をできるのもここに住んでいるおかげ。今年は目一杯楽しむことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/12

昨日の続きで・・・

昨日の残ったチキンを丁寧に全部取って、スタッフィングとともにグレービーソースなどで味付けし、それをパイで包んでミートパイを作りました。毎年恒例となっているものです。これまたとってもおいしい一品で、しかも年に一度しか味わえない特別なパイなのでそれがまた特別おいしいスパイスになってくれておいしさ倍増!なのです。
土、日、月、とタイでは連休だったのでそれをいいことに2日連続で贅沢をしてしまいました。下の娘も「ママが作ったお料理はとってもおいしいよ~!」とおだててくれて・・・(かなりのおだて上手です)。そのくせ残したりするんですから・・・がっかりなんですけど。がんばって作ったお料理を家族に「おいしい」といってもらえるのは主婦の一番の喜びであり楽しみですね♪・・・でも何時間もかけて作ったお料理、30分もしないうちに胃袋に収まってしまうのはとても切ないです。。。儚いからこそいいのでしょうか?!
img_2671

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Cooking Daughters Dress Handmade Life Shopping Travel